授業内容 / 初心者でも安心の着物着付教室ガイド【関西圏版】

着付け教室について

授業内容

こちらのページでは、私が実際に体験した「日本民族衣裳振興協会」の授業内容を着付け教室のレッスン内容の一例としてご紹介します。
着付け教室のレッスン内容を具体的に知りたい方は、是非ご覧ください。

「教室の特徴」

「日本民族衣裳振興協会」の無料着物着付け教室は、名前の通り、入会金・受講料無料の着付け教室で、初心者を対象とした教室となっています。
週1回で全10回(約3ヵ月)の講習で、20分で着られる様になります。
初心者向けの教室なので、着物の知識が全くなくても親切・丁寧に指導してくれますし、受講者の年齢も様々だったので、世代を超えて着物仲間ができ、楽しみながら習得できます。
帯結びは特殊なお道具を使用せず、手結びによる実用的な3種類の結び方を学ぶことができました。
そして、プロの講師が教える、自分でできるきものヘアー講座も魅力の一つです。
実際に着物に触れながら技術と知識とコーディネイトを楽しく身に付けていきます。レンタルも行っているので、着物を持っていない方でも安心です。持って帰れるのでお家でも復習が出来ます。

「カリキュラム」

説明会:説明・自己紹介
無料教室の成り立ちや、教室の日程や持ち物等の説明、自己紹介等をします。
筆記用具と送られてきた案内状を持参します。※初回は着物等は必要ないそうです。
レンタルサービスがあるので、着物等を持ってない人でも受講可能とのこと。
人数はクラスによって異なるようですが、私のクラスは自分を入れて8名クラス。
世代バラバラですが同世代の方もいて、ちょっと安心。
第1回:長襦袢の着方・着物の着方
この回が授業1回目となり、レッスンがスタートします。
私は、着物が親のものしかなく、サイズが全然合わないので、レンタルしました。
レンタル出来る物は、着物・袋帯・長襦袢・帯〆・帯揚げ・半巾帯です。
<レンタル代\3,000・保証金\10,000(返却時返金)>
レンタル品は持って帰って練習できるのが魅力です。
単品レンタルも可能とのことでしたが、\1,500かかるそうです。それならセットの方がお得ですよね?
この他に、下着類の着付け小物が必要とのことで、持ってない人は、購入されてました。
<一式セット\7,000>
私は、親の物が使えそうなので、持参しました。
まずは長襦袢の着方から練習していきます。
初心者なので、ここは苦労します。
なんとか整えたら、着物でまた苦戦します。
第2回:着物の着方・半巾帯の結び方
前回やった復習みたいな感じなので、少しずつ扱い方がわかってきたかな?
この回は着物がメインです。前回の授業で苦戦したので、ちょっと復習しといてよかったです。
続いて初めての「帯」の登場です。夏の浴衣用の帯を使用して、着物の上に巻いていきます。
着物の練習と帯の練習をダブルでやるそうです。なるほど。
これは簡単!今年の夏は、自分で浴衣を着られそうです。(ちゃんと覚えておかなくては…)
第3回:袋帯の結び方(二重太鼓)
着物に少し慣れてきた気がします。がしかし、鏡を見ると…。
そんな中「袋帯」の登場です。なんか、帯って感じで、すごくやってる感出ます。
しかし、先生はスルスルと帯を扱っていますが、私の頭の中では全くイメージできていません。
でも先生はやさしかったです。我慢強く、そして丁寧に教えて下さったので、めげずに頑張れました。
授業終了間際に、「先生、こんな感じですか?」まではいけました。
なんとか形にした時、感動します。自分でやったと。(かなり先生の手助けありでしたが…)
この回では練習後に懇親会があり、お菓子を食べながらお勉強会の説明や、
みなさんの話を聞けてなんだか距離が縮みました。
また、先生の普段の話や失敗段とか面白かったです。
第4回:袋帯の結び方(二重太鼓)
中々仕事も忙しく、復習できませんでした。全く忘れている人もちらほら。
でも先生は優しいです。また一からやり直しで教えてくれました。
1回やると、だんだん思い出してきます。数回やれば、「できるかも!?」
第5回:コーディネイト講座(京都・烏丸)
みんなで阪急梅田に集合して、一緒に電車で向かいます。
午前中は、着物の種類や、知識についてを問屋さんが詳しく教えてくれます。
これ、かなり興味深いです。こんな決まり事があったんだとか、聞きたいところが聞けたりとか。
お昼はお弁当をその場で食べます。(京風のお弁当\1,000)なかなか美味しかったです。
午後からは、実際の着物のコーディネイトについて勉強します。
コーディネイターの先生が生徒人数分いて1人1人担当してくれます。
自分に似合う色目や、目的に合わせた着物の種類等、詳しく教えてくれます。
私はピンクが大好きだったので、ピンクの着物を探してお願いしました。
しかし…。(あとはご想像におまかせします…)
好きな色と、似合う色が違うことに気づかされました。
担当してくれた先生はセンスが良く、目的に合ったステキなコーディネイトをしてくれました。
私は着物を持っていないしすごく気に入ったので、頑張って購入することにしました。
みんな初回からここを恐れていたのですが、行ってみたら購入される方、されない方、様々でしたが大変雰囲気が良かったことが印象的です。
私は欲望に負けましたが(笑)
第6回:テスト(実技)
この回はテストの予定だったので、ちょっとは復習しておきましたが、自信はなく…。
しかし、先生が「今回はもう一回袋帯を練習します」とのことで、
袋帯の練習になりました。(良かったー!)
このおかげで結構マスター出来ました!
ということで、イレギュラーだった為、皆さんの参考になるでしょうか…。
第7回:総復習
そしてこの回がテストになりましたが、前回ちゃんと練習出来たので、まずまずの仕上がり!
先生にも褒められました。同じクラスの方々もそれぞれちゃんと出来るようになっていました。
私が一番覚えが悪いと思っていましたが、さらに覚えの悪い方もいて、なんか仲間意識。
でも先生はそれぞれみてくれて、丁寧に教えてくれたので、その方と一緒にレベルアップでき、
なんとか20分で着られました。
第8回:袋帯のおしゃれ結び(角出し)
角出し?最初はなんのことかわかりませんでしたが、毎回先生が自分の帯結びの話をしてくれていたので、
最近では見てわかるようになってきました。
今度は角出しにチャレンジです。やってみるとこっちの方がラク!しかもかっこいいです。
普段着に着物を着たい私にとってピッタリでした。
先生によると、角出しは有料教室に通わないとなかなか教えてもらえないとのことで、少しお得感です。
そして、この回で着付けの授業は終了となるそうです。楽しかったのでちょっと残念。
でも、1人で着物が着られるようになりました!
第9回:ヘア講座
とても楽しみにしてました。なかなか教わる機会ないですよね?
洋服で参加し、鏡とヘアコームとタオルを持参します。
違うクラスの方と合同となっており、20名くらいいました。
若い先生で、感じよく丁寧に教えてくれます。
私はロングなので、美容室にセットに行かないと着物で出掛けられない状態でしたが、
このおかげで自信を持って外に出かけられるようになりました!
第10回:修了式
ホテルグランヴィア大阪での修了記念パーティーでした。金額は15000 円かかります。
初めは高いなって思ってたけど、行って本当に良かった!お料理美味しい!沢山 の人がいて(これでも全員じゃないらしい)色んなコーディネ?トを見れました。コンサルタントコース?の方は本当に綺麗に着てたなぁ・・・
ビンゴとかミスエレガント選考?とか・・・様々な帯結びをみれたり。本当に充実した1日でした。

「大切なのは、習った後」

thum
教室を修了し、手早く着られるようになったのに、「着て行く場所がない」や、「着物で一緒に出掛ける人がいない」等の理由で、そのまま着なくなってしまう人も多い様です。
一生懸命頑張って習得しても、着ないといつの間にか忘れていく…。いざという時にはもう着られなくなっている。
そうならない為には、日頃から着物に触れ、着なれておくことが大事です。
私が通った「日本民族衣裳振興協会」では、教室を修了した後も、着物を着る機会をたくさんつくってくれます。
イベント等で、また新しい着物仲間との出会いがあるのも嬉しいですね!
協会主催のイベントだけでなく、個人的な付き合いも広がりました。
ecoヘルパー